新着オススメ太陽光発電!×閉じる



日経BPに掲載されました

弊社太陽光発電が日経BPに掲載されました


弊社太陽光発電所、太陽光モジュールが日経BPに掲載されました。

弊社太陽光発電所、太陽光モジュールが日経BPに掲載されました。





500kWシステムに直流1000Vを採用し、設置コスト抑える

太陽光発電の設置コスト抑える


2015/06/09 00:00
加藤 伸一=日経BPクリーンテック研究所
茨城県の中部に位置する笠間市。ここに、両面ガラスの太陽光パネルを設置した出力500kWの太陽光発電所がある(図1~2)。
中国トリナ・ソーラー製を採用した。

両面ガラスのパネルを並べた茨城県笠間市にある太陽光発電所。出力は500kW
  • 図1●両面ガラスのパネルを並べた茨城県笠間市にある太陽光発電所
    出力は500kW(出所:日経BP)
    [画像のクリックで拡大表示]

ガラス2枚で封止し、アルミフレームがない中国トリナ・ソーラー製の両面ガラス品「DUOMAX」の「PDG5」
  • 図2●ガラス2枚で封止し、アルミフレームがない
    中国トリナ・ソーラー製の両面ガラス品「DUOMAX」の「PDG5」を採用(出所:日経BP)
    [画像のクリックで拡大表示]

太陽光発電設備を手掛ける富士テクニカルコーポレーション(千葉県匝瑳市:以下、富士テクニカル)が、開発からEPC(設計・調達・施工)サービス、O&M(運用・保守)まで一貫して担当した。発電事業者は、米国の大手IT企業の日本法人の元幹部が設立したSPC(特定目的会社)となる。
  富士テクニカルは、太陽熱温水器の販売事業で1982年に設立。住宅用太陽光発電の設備にも事業を拡大し、約20年間、太陽光関連設備の設計や施工に取り組んできたほか、東京電力の委託工事も担っている。
  従業員は94人、売上高は100億円弱まで成長し、住宅用から産業用まで、出力2MW以内の太陽光発電設備を手掛けている。
  産業用の太陽光発電所については、開発から運用まで、一貫して対応する。
  匝瑳市の本社のほか、千葉県佐倉市、東京都足立区、宮城県仙台市に拠点があり、近隣の地域において、住宅、大規模建物の屋根上、地上設置まで、合計約4000カ所、合計出力約30MWの施工実績がある。

http://www.freezepage.com/1433904123AYVLTSZABW



新着ニュース
2017/05/25  社内研修休暇のご案内
下記の期間をお休みさせていただきます。

   5月26日(金)〜5月30日(火)まで